探偵に連想するものは何か


探偵と聞いて何を連想するか

探偵と聞いて何を連想しますか。
大体、捜査権や逮捕権があるのは警察の仕事です。
結局、真相がはっきりしてもそれが犯罪とかにかかっていたら警察の出番になってくるんです。

だから犯人逮捕は警察に。
なんてことなんですよ。

というか、探偵とはどういった職業か?
はっきりわかる人は探偵に依頼したことがあるんです。
でも、なかなか、探偵に依頼したという人は余り、公にでないものです。

何故なら、探偵に依頼した内容が大抵、ややこしいものからです。
ややこしいものでなくても内容によって奇異の目で見られたくないものなんです。

それに探偵の仕事はそんなにかっこいいものではないんです。
依頼人のプライベートだけではなくターゲットのものも探偵は知ってしまうんです。
でも、依頼が終了すれば双方のプライベートは抹消しなくてはいけないんです。

案外、探偵は損な役割かもしれません。

でも、仕事は解決しなくてはならないんです。

あくまでも不透明な探偵の業務ですが。
最近では探偵専門の学校もあるんです。
もしも、探偵になりたいのなら是非、そういった学校の資料を集めるべきでしょう。
ほかにも直接、探偵事務所に相談するのもいいかもしれません。

事務所に相談なら無料で出来る場合もあるんです。